アイドルから女優、アーティストまで愛用のカラコン

現在、日本でも中高生から若者にまで愛用され始めているカラコンですが、その輸入先の多くは韓国製のものが多いです。一昨年あたりから日本では韓流ブームが巻き起こり、数多くの韓国のアイドルやモデル、アーティスト、女優が愛用するカラコンが日本での広まりを助長したとも言えます。また、韓国のアーティストや芸能人がカラコンを愛用することからも彼らの美意識の高さがうかがえます。韓国において一般人が芸能人に求めているものは、日本のアイドルやアーティストに求められる親しみやすさや親近感が抱けることというものとは少し違っています。韓コックの人々がアーティストや芸能人に求めるものは完ぺきな「スター性」なのです。よって、韓国の芸能界で活躍しているアーティストや芸能人、アイドルにも完ぺきなスタイルや美貌、それだけでなく歌唱力や演技力といった能力まで要求されるのです。


このような日本人の求めるものと違った芸能人像が韓国人芸能人の美意識を増加させ、カラコンの使用率が高い原因であると考えられるでしょう。しかし、最近では日本でも急激にカラコンの使用が一般層まで広まっています。その先駆けが美意識の高いギャルモデルです。美意識の高いギャルにおいて、メイクで顔を盛る、ということは必須の条件であるといえ、カラコンだけでも着用しただけで一気に顔を盛ることができる、ギャルメイクの必須アイテムなのです。5年ほど前までのギャルメイクの主流はとにかく「盛り」重視の派手系メイクでした。しかし、近年ギャルメイクの主流は「ナチュ盛り」というものに進化してきました。この「ナチュ盛り」はメイクをしっかりしていてもナチュラル感を出したがーリーなすっぴんのような仕上がりでかつ、すっぴんよりもかわいく盛るというメイクを指しています。「ナチュ盛り」においてもカラコンでかわいらしさを演出することは重要で、ギャルたちの間では「ちゅるん」感のあるレンズが好まれます。この「ちゅるん感」とは、カラーレンズ特有のつるっとした光沢感を指していて、この「ちゅるん」が若いユーザーにはとても好まれ、カラーレンズ購入の際にはとても重要視されているのです。


カラーレンズはこうしてナチュラルメイクにも対応できる種類が多数発売されるようになり、大手コンタクトメーカーからも新製品が続々と発売されるようになりました。その広がりを受けて、一般の若い女性にも広まるようになっていきました。