薄い・安全、一石二鳥で快適なカラコン、「セミキャストモールド製法」

現在、カラコンの製法で一番安全かつ快適とされている製法の主流は「サンドイッチ製法」という発色のもとになる染料を薄いコンタクト二枚で挟んであるものです。この製法の特徴は染料を挟んであるので従来品のような色素の流失がなくより安全性が高まったという点が挙げられます。しかし、カラコンユーザーの中には「サンドイッチ製法では従来のカラコンよりも分厚くてつけごごちが悪い。」「もっと薄いカラコンはないのか。」と言った声が多数見受けられます。それもサンドイッチ製法では染料を2枚のコンタクトでサンドしているため、従来のコンタクトよりも分厚くなってしまうのも仕方がありません。現在、相変わらず市場に出回っているカラコンの多くはサンドイッチ製法でつくられている一方、違った製法のものもごくわずかに存在しています。それが、「セミキャストモールド製法」で作られたコンタクトなのです。


この製法のコンタクトは1枚の薄いレンズの素材部分にデザインを施し、そのデザインを施されたレンズを特殊なポリマー素材でコーティングします。これが「セミキャストモールド製法」という製法です。別に「キャストモールド製法」という製法も存在しますが、これはレンズの素材とデザインの着色料を混ぜてしまって作る製法なので、セミキャストモールド製法のレンズとは違ったものです。なんといってもこの「セミキャストモールド製法」で作られたカラコンの特徴は薄い、着け心地がいい、快適で目に優しいといったことがあります。サンドイッチ製法よりも薄いのでやはり安全性が心配という声もありますが特殊なポリマーでコーティングしているので染料が流出するということもめったに起こりません。現在主流のサンドイッチ製法で作られたレンズは、安全性は高い反面、2枚のレンズを使用しているため厚みが出てしまって酸素を通しにくくなり、長時間使用していると目の充血や疲労、違和感が出てしまう場合が多くなってしまいます。しかし、セミキャストモールド製法で作られたものならば1枚のレンズが原料なのでサンドイッチ製法のものよりも薄くて快適になり、目の充血なども起こりにくい目に優しく、酸素をしっかりとりいれられるというメリットがあります。


最近では有名なカラコンブランドもこの製法に変えているところが多くなってきています。この製法はサンドイッチ製法の安全性と快適さの両方のメリットを取り入れた新しい製法といえます。